ナイトクラブでアジュンマに逆ペイバーされた話 〜2019年 3月 韓国〜

   
こんな子と出会いたい人は…画像をクリック!

   


 

どうも。

 

新年号になるまで、後1ヶ月と5日ですか…。

平成ももう終わりですね…。

 

イチロー選手も先日引退しましたし、同世代の人が続々と第一線から離れていくのを見ると、自分も歳をとったんだなぁと(笑)

ヒョードルも弱なったしなぁ…(笑)

でもカズは頑張ってスタメンでも出場しているので、私もレッドカードもらうまでは頑張ろうと思います(笑)

 

 

さて、風俗レポートばかり書かずに、たまには旅行記らしい記事も書きたいと思います(笑)

 

 

この日は、訪韓3日目。

話はスペシャルで遊んだ後の話です。

あん摩初のチョイスシステムで愛嬌たっぷりのアガシと… 〜江南あん摩スペシャル体験レポート〜
どうも! 韓国に来てどーにもトイレと恋人のガンモです(笑) いやね、2日目にムルカルビ(牛の鍋みたいなの)食べたんですが、そ...

 

 

 

 

スペシャルで骨抜きにされた私は、ボーッと江南の街を歩きながら、ホテルに向かっていました。

 

すると、1件のLINE電話が…。

それは韓国の友人からでした。

 

 

友人
ガンちゃん、今何してんの?

 

ガンモ
今ですか?
ガンモ
あん摩で骨抜きにされたとも言えないしな…
ガンモ
今、ホテルに帰る途中です

 

友人
じゃあ…
友人
今からナイトクラブ行こうよ

 

ガンモ
ナイトクラブ?

 

 

ナイトクラブとは、クラブ⤴︎とはまた少し違い、出会いを求めて遊びに行くところです。

クラブ⤴︎との違いとは、クラブはDJブースで音楽ガンガンかけて、中央のホールでガンガン踊ってるって雰囲気だと思うんですが、

ナイトクラブは、まずDJブースではなく、生歌演奏です。

 

決定的な違いは、クラブ⤴︎は基本若い子が多いと思いますが、ナイトクラブは年齢層が幅広いです。

そして音楽に合わせて踊っているのは少なく、ほとんどの人は席に座って飲んでる人がほとんどです。

 

そういう人を自分たちの席に連れてくるために、ブッキングというシステムがあります。

そのブッキングとは、ボーイにチップを渡し、席にアガシ(時にはアジュンマww)を連れて来てもらうというシステム。

 

そのナイトクラブに私も4年前、突入したことがあります。

2015年 2月 韓国 ~其ノ参~
《前回はコチラ》 【3日目】 この日は、朝9時に目覚ましが鳴り、起きました。 何故目覚ましが鳴った...

 

 

この時以来、ナイトクラブには足を運んでいないので、

 

 

ガンモ
まぁ…たまにはいいか…

 

 

 

友人P(仮名)と駅三駅で待ち合わせします。

 

 

 

 

 

駅三駅に到着し、Pさんと合流。

 

 

P
もう1人友達が来るから…
P
3人で行こ

 

 

もう1人とは、私が「ヒョン」と呼んでいる年上の兄貴。

韓国語で兄のことを「ヒョン」と呼ぶのでそう呼んでいます。

 

ですが、ヒョンがなかなか現れません…。

Pさんが何度電話してもヒョンは電話を出ません…。

 

そして現れたのは、12時ごろ(笑)

そこからタクシーに乗ってナイトクラブを目指します。

 

最初は、新川※シンチョンのナイトクラブに行くと聞いていたのですが、2人がタクシーの運ちゃんと何やら話し込んでいます。

 

…で、何故か新川とは全く違う方向にタクシーを走らせ、漢江を渡ります。

 

 

 

ガンモ
なんで北に??
ガンモ
江南の方が沢山あるやろ…

 

 

そして永遠タクシーを走らせる事40分…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガンモ
どこだ?ここ?

 

 

随分遠いところに連れて来られたのはわかりますが、正確な場所は全く把握できていません。

確かなのは、ここがナイトクラブだというだけ…。

 

タクシーから降りた3人は、早速中へ。

 

入り口に何故か中に入らずたむろしているグループが結構います。

何待ちなのかはさっぱり…。

 

中に入ると、

 

 

 

 

かなり広い!

 

席数とかはよくわかりませんが、ざっと500人くらいの人がこの箱の中にいるのはわかります。

 

ステージは煌びやかなスポットライトで照らされ明るいですが、それ以外は真っ暗…。

その真っ暗な空間の中でも、相当盛り上がっています。

 

ハッキリ言って、バブルです

平成初期の日本を見ているよう。

 

中央のステージでは、生歌を演奏しています。

 

 

 

この日は土曜の夜という事もあり、かなり盛り上がっています。

 

 

私たちは当初、VIP席に行こうとしたのですが、生憎VIP席は満席…。

そして、外でたむろしていたグループは、どうやらVIP席空き待ちのグループらしいです。

 

何故、皆VIPを狙いにいくのか?

 

答えは簡単です。

 

テイクアウト率が高いから(笑)

 

そこはクラブ⤴︎と同じですね(笑)

 

私は韓国のクラブ⤴︎には行った事ありませんが、日本でクラブ⤴︎に行くと、決まってVIPに入ります。

まぁテイクアウト率は、今年のイチローの打率くらい悪いですが、何か?(笑)

 

VIPが空いていないという事なので、仕方なし普通の席に座ります。

 

 

 

席はこのように座ります。

 

 

 

席に着くと、フルーツやらおつまみの盛り合わせ、ビール、ウイスキーなどが運ばれてきます。

 

 

 

ヒョンがボーイを捕まえ、ソッコーチップを渡しています。

おそらくチップは₩20,000くらいだったかと。

 

すると、ソッコーアガシ(?)達が席に。

 

ボーイ達は、半ば強引にアガシの手を引っ張り席に座らせます。

アガシ達は皆、嫌そうな顔をしながらも、「仕方ないなぁ…」って感じで席につきます。

 

席に座ってものの3分で、このような図に。

 

 

 

私の横に来たアガシ(?)は、小柄で可愛らしいアガシ。

 

乾杯した後、早速トークタイム。

 

 

ガンモ
実は…
ガンモ
日本人なんですよ…

 

ア1
本当に?
ア1
韓国人にしか見えない?
ア1
何で韓国語喋れるの?

 

 

その後、「日本人だという証拠を見せろ」とか言ってきます(笑)

 

パスポートを見せるわけにもいかないし…。

なので、Yahoo!ニュースのトップページを見せたら納得するアガシ1(笑)

 

 

ガンモ
それで納得すんのかよ…

 

 

そこから拙い韓国語の私に付き合ってくれるアガシ1。

 

 

ア1
あなたいくつ?

 

ガンモ
44です。

 

ア1
本当に?
ア1
じゃあ私がヌナ※お姉さん

 

 

まさかの!?年上!

本当、韓国人の年齢は不詳です。

 

彼女は47歳(韓国式)らしいですが、全然30代に見えます。

 

 

ガンモ
若く見えるね

 

ア1
ふふ…
ア1
ありがとう

 

 

初っ端から感じのいいアガシ(?)に当たった私。

 

ですが、言ってもそこまでペラペラに韓国語を話せるわけではありません。

たわいもない話の中で、私が理解できない話だと、聞き直すのも雰囲気を壊しそうな気がして、相槌を打って話が終わると、どうしても沈黙の間ができちゃいます。

 

 

ア1
……。
ア1
あなたいくつ?

 

ガンモ
それ…
ガンモ
さっきも聞いたやん…
ガンモ
44です。

 

ア1
本当に?
ア1
じゃあ私がヌナ※お姉さん

 

 

そう言い、乾杯し一気で飲み干す…。

このくだりを3回はやりました(笑)

 

相当酔っているアガシ1…。

 

10分ほど席にいて、「トイレ」と言ってフラ〜っと席を立つアガシ1。

当然の事ながら、トイレから帰ってくる事はありませんでした(笑)

 

 

そこから、何人のアガシ(?)が隣に来たでしょう?

 

大概のアガシに「日本人」と言うと驚かれ、皆「証拠を見せろ」と言ってきます(笑)

おそらく、モテる為に嘘をついていると思われてる節が(笑)

 

おかしいのが、他の席を見渡したら、若いアガシは結構見受けられます。

ですが、私たちの席にくるアガシ(?)はどう見ても若いアガシではありません(笑)

 

人を見て判断しているのか?

それとも、そういうアガシしか近寄らないのか?(笑)

 

コッチも気に入らないアガシだったら、全く話しません。

すると、勝手に席を離れてくれます。

どうやら、それがお断りの合図っぽいです。

 

 

1時間ほど経ってもこれといったパートナーは見つけれていなかった私たち。

 

 

ガンモ
もう…
ガンモ
早くホテルに帰りたい…

 

 

外の様子も気になったので、トイレに行くことに。

 

そのついでにクラブの外を覗いたら、さらに待っている人が増えている!

待っている人は圧倒的に女性が多かったです。

 

流石に土曜の夜といえど、時計はすでに2時を回っています。

 

 

ガンモ
そうまでして…
ガンモ
VIPの金持ちに抱かれたいんか?

 

 

用を足し、席に戻ると、新手のアガシ(?)2人が座っています。

しかも、1人のアガシが私の席に腰掛けています。

 

仕方がないので、私はPさんの横に座ります。

 

 

 

 

見た目、逆立ちしてもアガシとは言えない2人組…。

なので、アジュンマと呼びます(笑)

 

そのアジュンマの1人が、私を見るなり、

 

 

アジュンマ
こんにちは!

 

 

日本語で挨拶してきます。

 

その後も、隣にいるヒョンをそっちのけで、私に話しかけてくるアジュンマ…。

 

 

ガンモ
このアジュンマも…
ガンモ
ベロベロやがな…

 

 

 

そして、アジュンマが次に取った行動が…、

 

 

 

 

 

いきなり私の前に陣取るアジュンマ!

 

そして、マジマジと私の顔を眺めに入ります(笑)

 

そのアジュンマ、よーく見ると、韓国の女優の「チェガンヒ」をもう少し太くした感じのアジュンマ。

 

 

 

髪型もこんな感じ。

 

年齢はおそらくイチローの背番号超え…。

 

 

で、ジーッと人の顔を見て目を話さないアジュンマ…。

ソッチは酔っ払ってるから平気かもしれんけど、そこそこシラフの私は結構きつい時間でした(笑)

 

そして、大して会話もしていないのに、

 

 

 

 

アジュンマ
私たち…
アジュンマ
今から外でましょ!

 

 

ヒョン
はぁ?
P
はぁ?

 

アジュンマ2
はぁ?

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁ?

 

 

 

いきなりの逆ペイバーのお誘い(笑)

 

酔っているからと言って、正気の沙汰じゃありません…。

 

 

ですが…、

 

このアジュンマとの出会いが、この後続く長い夜の始まりでありました…。

 

 

ランキングに参加しています!
 
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
             

2 件のコメント

  • 年齢層が幅広いとはいえ、そんな遠くまで行って
    まさかのイチロー超えはキツイっす!

    ここからどうなるか楽しみですけどwww

    ガンモさんの年齢を始めてお伺いしましたが、まさかの私が1個上でした…

    • >バッカスさん、確かにきつかったですが(笑)

      バッカスさんの方が上だったんですか!?(笑)ヒョンですね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    認証 *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください